ユウシの作文

それでも 私は 文章をかくんだっ 自分が生きるために!!

笑顔ってバカっぽいじゃんか。

園庭で大泣きしていた3歳の女の子。

近づいて、どうしたの?と聞く。

とても泣いているので、だっこする。

すると「おろして…」と言われる。

おろして、気持ちに寄り添おうと、ひざを曲げ横にしゃがみこむと、「はなれて」と言う。

手は強く、おれの体を押して、決して目は合わせない。

 

そう、好意だからって、受け取ってもらえると決まったわけじゃない。

 

もうじゅうぶん大人になったおれだけど、すこし傷つくような感覚を胸に残す。

わかってる。わかってるんだけどね。

そしておれは笑って、そこから離れる。

 

好意だからって、受け取ってもらえるわけじゃない。

だって、相手はそれを求めてないかもしれないんだもの。

当たり前のこと。

 

ずっと受け取ってもらえないかもしれないけど

からしつこく渡すこともしなくなるけど

好意をもっていたいよね

いつも上機嫌でいたいよね

怒れることも泣けることもそりゃあるけれど

なるべく短くしたいよね

 

それは、だれかにしてもらうことじゃなくて、おれが、ひとりですること。

うしおととら」のうしおみたいに。キン肉マンみたいに。

 

今日もバカ面さげて生きていきます、ヘラヘラと。